来場予約 資料請求
お知らせ・ブログ
2019.05.08
ぎふだより
京都
スタッフ: 牛山 大輔

みなさん、こんにちは。

 

大垣展示場の牛山です。

 

先日お休みをいただきタイトル通り京都へ行ってきました。

 

ニュースで見ていた通り、渋滞は一切なくスムーズに京都へ行けました。渋滞がないって最高!!

 

 

まず一番最初に向かったのが、念願の『鈴虫寺』

 

正式名称 妙徳山・華厳寺 享保8年(1723年)に華厳宗の再興のために

 

比叡山延暦寺で修業をした鳳潭上人が開創されたそうです。

※他の方の顔は白くしております。

 

行く前の下調べではGW中は最低でも2時間待ちとの記載もあったので覚悟をしていましたが、

 

30分待ちくらいでした。木々の間の階段で待っている間も気持ち良い風が通って最高でした。

 

30分待って、いざ本堂へ。

 

入るとすでに鈴虫が鳴いております。

 

鈴虫の寿命が100日で綺麗な羽の音を出せるのが20日ほどと言われている中、

 

研究を重ね年中聞けるように。

 

私が行ったときには3000匹くらいとのことでした。それでもかなりの数です。

 

それが、多いときには10000匹にもなると!!す、すごい。。。

 

そして鈴虫の綺麗な音色を聴きながら、住職さんのおもしろいお説法を聞いて(多い人で8回目の人もいました)

 

帰りにはお地蔵様にお願いをしてきました。

 

このお地蔵様というのが『幸福地蔵菩薩』。

 

普通お地蔵様は裸足ですが、ここのお地蔵様は草鞋を履いております。

 

お願いにきた人の家まで一軒一軒願いを叶えに自ら来てくださる慈悲深い一願成就のお地蔵様だそうです。

 

お守りを両手にはさみお願いをしてきました。

 

あっという間の時間でしたが、とても貴重な時間となって心が落ち着いた感じがありました。

 

8回も来ている人の気持ちが分かるような1回目でした。

 

まだまだありますが、今回はここのところで。

 

では。

一覧に戻る

三重・愛知・岐阜・滋賀で
マイホームをお考えの方は
お気軽にお問合せください