インフル予防、湿度を上げる乾燥対策!

みなさんこんにちは。

冬になると気になってくる乾燥。暖房をつけると空気が一気に乾燥してきますよね。

空気が乾燥すると喉を痛めたり、そこから菌やウイルスによる感染が起こりやすく

なったり…また肌や髪にも乾燥は大敵です。

さまざまなトラブルの原因となる“乾燥”を防ぐためには、加湿を意識することが大切で

す。

乾燥対策には加湿器を使う方法もありますが、節電やエコなどを考えると加湿器

を使わず自然な方法で湿度を上げる方法もあります。

例えば、

①洗濯物を室内で干す

②濡れたタオルを部屋に干す

③バスルームの扉を開けっ放しにしておく

④コップや洗面器に水を張って置いておく

⑤観葉植物を置く

⑥霧吹きなどで水をまく

⑦鍋料理を食べる

⑧石油ストーブやガスファンヒーターをつける

⑨フローリングを水拭きする

⑩金魚や熱帯魚を飼う

 

我が家は1、5、8、9 で乾燥対策をしており

今の所、誰もインフルエンザには掛かっておりません!!

手洗いうがいはもちろんのことですが、引き続き予防には

万全を期していきたいと思います。

どうぞみなさんもお気をつけ下さいませ。

 

カスタマセンター みずたに

 

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

昨年中は格別のお引立てを受け賜り誠にありがとうございました。
本年もお客様に満足していただけるよう心がける所存ですので、
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

カスタマーセンター一同

 

みなさん、お正月休みはいかがお過ごしになられましたか?
年末はやり残した掃除をしたり、買物に出掛けたりと慌ただしく
年始は娘夫婦が来て鍋を囲み、また両方の実家に行って親戚の人たちと
楽しいひと時をゆっくり過ごすことが出来ました♪♪
長かったお休みもあっという間に終わってしまいましたが
しっかり充電し、気持ちの良いスタートできました。

今年も1年、皆様にとっても良い年になります様
頑張っていきたいと思います!

みずたに

2018年 ありがとうございました

今年も残すところ4日となり、(株)やまぜんホームズも今日で仕事納めとなります。
本年中は(株)やまぜんホームズをご愛顧いただきまして誠にありがとうございました。
来年もお客様のお役に立てれます様、スタッフ一同頑張ってまいりますので
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

良いお年を。

カスタマーセンター スタッフ一同

取扱説明書

住宅設備、電化製品や家具などの数だけある「取扱説明書」。

どのように保管していますか?

取扱説明書は毎日使うものではありませんが、

「家電が動かない! 」

「エラー番号が出ている」

「製品の品番・フィルターなどの消耗品の型番を知りたい」など、

困った時にこそ必要になります。

お手入れ方法や消耗品の注文の連絡先など書いてありますので、

決まった場所やすぐに取り出せる場所に保管していただくことを

おすすめします。

 

カスタマセンター みずたに

トイレが詰まる

お客様から、「トイレが良く詰まるんです・・」

ちょくちょくこんな相談をお受けします。

新しい節水型トイレに変えてみると「何だかつまりやすくなった」

「水の流れが悪いような・・」と感じている人もいるのではないでしょうか。

 

節水型トイレはつまりやすいの?

節水型トイレは、名前の通り水を節約できるトイレです。

そのため、1回の使用で流れていく水が少ないのは事実です。

「やっぱり、水が少ないからつまりやすいんじゃない?」

そう思いますよね。

トイレはサイフォンの原理で汚物を流す

トイレはサイフォンの原理を利用して、汚物を流しています。

サイフォンの原理とは、液体で満たした管を高い位置の水と低い位置の水につなげる

と、勝手に高位位置の水が低い位置に移動する減少のことです。

節水型トイレであっても、通常のタンク式のトイレであっても、汚物を流す際は

サイフォンの原理を利用しています。

節水型トイレの場合は、このサイフォンの原理が効率よく働くように便器の設計を行

うことで少ない水で汚物を流せるようにしています。

そのため、通常の範囲内の使用であれば特につまりが発生する

ということはありません。

しかし、1回の排泄の量が多かったり、トイレットペーパーを少し使いすぎたりといっ

たことがあると流れる水の量が少ないのでつまりが起きてしまいます。

ですので、1回の使用で排泄物を流すのに1回流す。

トイレットペーパーを流すのに1回流す。

と、複数回に分けて流すようにすると詰まりにくくなります。

 

カスタマセンター みずたに

 

「ちょこっと掃除」でトイレをいつもキレイに!

みなさんこんにちは。

 

朝晩めっきり寒くなり、木々の葉も色づき始め秋の訪れを感じる今日この頃です。

寒さを感じると、そろそろ年末の大掃除の準備も始まってきますが

年末の慌ただしい時に家中の掃除をまとめてすると

必ずどこか抜け落ちたり来年にまわすこともしばしば、、、

なので、日頃からちょこっと掃除を心掛けていると大掃除も

短時間で済みます。

 

今日は簡単にできるおトイレ掃除の仕方をお教えします。

飛び散った尿は、放っておくと数時間でイヤなニオイを発生します。

トイレ空間のキレイをキープするには、気付いた時、使ったついでにできる

「ちょこっと掃除」が効果的!

雑巾は、用意や後片付けに時間がかかるので、「ちょこっと掃除」には不向きです。

ちょこっと掃除には、すぐそこにあるトイレットペーパーが便利。

トイレットペーパーだけで乾ぶきするのではなく、「トイレ用ふき取りクリーナー」

も一緒に使います。

汚れがつきやすい「便座」や「便器のフチ」などには、

直接トイレ用ふき取りクリーナーをシュッとスプレーします。

折りたたんだトイレットペーパーで泡を伸ばしながら、

周辺の汚れをふき取ります。

使ったトイレットペーパーは、ふき終わったらトイレにポイッと捨て、流します。

そのあと、水ぶきの必要はありません。

ただし、乾いたトイレットペーパーで便座を強く拭くとキズの原因になりますので

必ず湿らせた状態にして拭くようにしてください。

たったこれだけで、いつもキレイな状態に保てます。

習慣にすると全然苦になりませんよ。

 

カスタマセンター みずたに

台風被害

みなさん こんにちは~

先日の台風21号及び、北海道地震で被害に遭われました皆様、ご家族の皆様

謹んでお見舞い申し上げます。

 

それにしても今回の台風は凄かったですね。

当日と翌日は、被害に遭われましたお客様の対応で 弊社スタッフみんなが

てんてこ舞いでした。

順次対応しておりましたが、OB様お客様には大変ご迷惑をお掛けしまして

申し訳ございませんでした。

1週間経ちまして、ようやく被害のお電話も一息ついたようです。

もしかすると、まだ被害に気付かない箇所もあるかもしれませんので

また、お気付きになったことがありましたらご連絡下さい。

 

カスタマセンター みずたに

 

 

節電

みなさんこんにちは~

連日の猛暑、、、この暑さいつまで続くのでしょうか?

熱中症予防のため もう電気代節約なんて言ってられません。

電気代よりも命のが大切ですからね。

 

でも、わずかながら命に関わらない節電をお教えいたします!

 

それは何かと言いますと、

「トイレの便座の保温スイッチを切る、温度設定を低くする」ことです。

温度設定を「高」から「低」へと低くするだけで約45%も消費電力が下がるそうです。

また旅行など長期で不在にする際には電源プラグごと抜いておくといいですよ。

高機能便座の待機電力は全体の約4%でテレビの待機電力の約3%を上回るそうです。

また、温水洗浄便座のふたを開けたままにすると、便座から放熱してしまい、

エネルギーを消費します。

使わないときにはふたを閉めるのも効果的です。

 

カスタマセンター みずたに

エコキュートの水抜き

1年点検のご予約をいただいたお客様からエコキュートのメンテナンスの仕方を尋ねられました。

タンクのメンテナンスの基本は水抜きです。
ただ水を抜くだけではなく、タンク下部に貯まった汚れを水と一緒に取り除くことを目的としています。
メーカーによって多少水抜きの手順は変わりますが、一般的な手順についてご紹介します。

  1. 漏電遮断器をOFFにする
  2. 給水配管専用止水栓を閉じる
  3. 逃し弁レバーを開放にする
  4. 排水栓を開いて2分間排水する
  5. 排水栓を閉じる
  6. 給水配管専用止水栓を空けてタンクを満水にする
  7. 逃し弁レバーを閉じる
  8. 漏電遮断器をONにする
  9. お湯が出ることを確認する

基本的な流れはこのようになります。まずは漏電遮断器を切り、その上で給水をストップさせるために給水配管専用止水栓を閉じます。逃し弁を開放するのは、空気が入るようにしておかないと、タンク内の水を排水してタンク内が真空状態になるのを防ぐためです。

水抜きをしたら、あとは反対の手順で元に戻すだけです。このメンテナンスは年に2~3回行ってください。冬場の水抜きはとても大変ですので、冬以外で水抜きするのをおすすめします。

メーカーによって水抜き方法が若干違う場合があるかもしれませんので
必ず取扱説明書に従って行って下さい。
毎日使うお風呂、キレイなお湯に浸かりたいですよね!

 

カスタマーセンター みずたに

洗面化粧台の水漏れ

みなさんこんにちわ~

 

先週、建築して11年経過したお客様から修理のご依頼をお受けしました。

洗面化粧台のシンク下から水漏れがあるとのこと。

蛇口をひねらなければ水漏れはしないそうで、、、

そうなると水栓金具の水漏れが疑わしく、直ぐにメーカーを調べて

水栓金具の修理センターに依頼をかけることに。

流れとしまして、メーカーから訪問日時を決める連絡が入り

お客様のご都合に合わせて訪問、修理となります。

ご使用期間及び、お客様のご要望によっては

修理対応ではなく製品交換となる時もあります。

 

今回はお客様ご自身で漏れている箇所を確認していただきましたので

修理依頼もスムーズに行えました。

 

カスタマーセンター みずたに