エコキュートの水抜き

1年点検のご予約をいただいたお客様からエコキュートのメンテナンスの仕方を尋ねられました。

タンクのメンテナンスの基本は水抜きです。
ただ水を抜くだけではなく、タンク下部に貯まった汚れを水と一緒に取り除くことを目的としています。
メーカーによって多少水抜きの手順は変わりますが、一般的な手順についてご紹介します。

  1. 漏電遮断器をOFFにする
  2. 給水配管専用止水栓を閉じる
  3. 逃し弁レバーを開放にする
  4. 排水栓を開いて2分間排水する
  5. 排水栓を閉じる
  6. 給水配管専用止水栓を空けてタンクを満水にする
  7. 逃し弁レバーを閉じる
  8. 漏電遮断器をONにする
  9. お湯が出ることを確認する

基本的な流れはこのようになります。まずは漏電遮断器を切り、その上で給水をストップさせるために給水配管専用止水栓を閉じます。逃し弁を開放するのは、空気が入るようにしておかないと、タンク内の水を排水してタンク内が真空状態になるのを防ぐためです。

水抜きをしたら、あとは反対の手順で元に戻すだけです。このメンテナンスは年に2~3回行ってください。冬場の水抜きはとても大変ですので、冬以外で水抜きするのをおすすめします。

メーカーによって水抜き方法が若干違う場合があるかもしれませんので
必ず取扱説明書に従って行って下さい。
毎日使うお風呂、キレイなお湯に浸かりたいですよね!

 

カスタマーセンター みずたに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です