トイレが詰まる

お客様から、「トイレが良く詰まるんです・・」

ちょくちょくこんな相談をお受けします。

新しい節水型トイレに変えてみると「何だかつまりやすくなった」

「水の流れが悪いような・・」と感じている人もいるのではないでしょうか。

 

節水型トイレはつまりやすいの?

節水型トイレは、名前の通り水を節約できるトイレです。

そのため、1回の使用で流れていく水が少ないのは事実です。

「やっぱり、水が少ないからつまりやすいんじゃない?」

そう思いますよね。

トイレはサイフォンの原理で汚物を流す

トイレはサイフォンの原理を利用して、汚物を流しています。

サイフォンの原理とは、液体で満たした管を高い位置の水と低い位置の水につなげる

と、勝手に高位位置の水が低い位置に移動する減少のことです。

節水型トイレであっても、通常のタンク式のトイレであっても、汚物を流す際は

サイフォンの原理を利用しています。

節水型トイレの場合は、このサイフォンの原理が効率よく働くように便器の設計を行

うことで少ない水で汚物を流せるようにしています。

そのため、通常の範囲内の使用であれば特につまりが発生する

ということはありません。

しかし、1回の排泄の量が多かったり、トイレットペーパーを少し使いすぎたりといっ

たことがあると流れる水の量が少ないのでつまりが起きてしまいます。

ですので、1回の使用で排泄物を流すのに1回流す。

トイレットペーパーを流すのに1回流す。

と、複数回に分けて流すようにすると詰まりにくくなります。

 

カスタマセンター みずたに

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です