大垣ハウジングセンターでの出来事49

こんにちは、大垣展示場の野島です。

 

私の毎朝の家事の紹介。

毎朝の家事。

1、愛犬の散歩
2、風呂そうじ
3、洗濯

このなかで、3の洗濯について。

毎朝、洗濯機は2回まわします。
1回目は、下着や靴下、ズボンなどの比較的汚れやすい衣類。
2回目は、上着やタオルなど。

洗濯の際は、お風呂の残り湯を使います。
(そのため、風呂そうじは、洗濯終了後にしかできません)

朝5時すぎに、1回目の洗濯開始。
終了後に2回目。
その間に、愛犬の散歩。

洗濯そのものは、衣類を洗濯機の中へいれ、そして洗剤をセットし、後は設定どおり。
何も難しいことはありません。
待っていれば、終了します。

 

問題は、ここから。

洗濯された衣類を、干す作業。

いまでこそ、上手に干せるようになりました。
最初は、ダメだしをもらいました。

「こんなんじゃ、ちゃんと、かわかない。」
「太陽が、まんべんなくあたるように、工夫しなきゃ。」などなど。

今では、15分ほどで、乾きやすい配置に、上手に、干すことがでます。

 

火曜日や水曜日などの休日は、洗濯物をかたずける行為も、私の仕事。

これからの季節、特に、冬は大変。

部屋干しの回数も増えます。

部屋干しは、なま乾き。
そのうえ、なんだか、へんなにおいが残ります。

この、へんなにおいが付かない洗剤が、発売されています。
それを使っても、やっぱり太陽にはかなわない。

Tシャツやタオルに変なにおいが残ると大変。

着たくはありません。

とても憂鬱な季節が近づいています。

 

 

大垣林町のモデルハウス。

全館空調のC棟。

洗濯好きにはたまりません。

 

全館一定の温度に湿度。
ということは、朝も、昼も、夜も同じ環境。
室内どこも、同じ環境。

洗濯物が、きれいにかわく。
夜だろうと、昼だろうと関係なく。

もちろん、生乾きはなし。

朝、干して、夜回収。
夜、干して、朝回収。

ライフスタイルにあわせて、完璧な洗濯ライフが可能です。

洗濯担当のお父さん、

是非、来場ください。

生乾きとは、もう、さよならです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です