夜叉ケ池の伝説!!

 

 

夜叉ケ池の伝説について

その昔、美濃の国神戸(現在の安八郡神戸町)に郡司安八太夫という長者(石原伝兵衛氏の祖先)がいて、たくさんの田んぼをもっていた。

 ある年、大変な日照りがつづき、安八太夫をはじめ多くの村人たちは途方に暮れていた。
信心のあつい太夫はこれを救おうと毎日お宮にお参りして願いをかけていたところ、ある日かわききった田んぼで小さなへびに出あった。
太夫はこのへびにむかって、「お前が雨を降らせてくれたなら、どんな願いもか
なえよう」と一人ごとを言って家へ帰った。

 太夫が家に帰ると、不思議に待ちに待った雨が降りだした。  
 雨は、一日中降りつづき、田んぼにたっぷりと水がたまり、農作物はみんな生き返った。
 村人たちは小おどりして喜びあった。
  その喜びも束の間、雨の翌日へびは山伏姿になって現れ、太夫の三人娘のうち中の娘を嫁にとつれて、揖斐川をのぼっていった。
泣きながらつけた紅、おしろい、水鏡にうつった不びんな夜叉姫の面影を太夫は忘れることができなかった。
その後、安八太夫は、たびたび夜叉ヶ池を尋ね、龍神となった夜叉姫の姿をしのぶのであった。
こうしたことがあってから、日照りが続くと村人たちは、紅、おしろいを土産に、龍の池、夜叉ヶ池にささげるならわしとなった。

いまも美しい伝説として語り伝えられている。

 

毎日暑くて日照りが続いているので夜叉が池の伝説を思い出しました。

夜叉ケ池の麓に、お友達の家族と毎年キャンプに行っていました。  揖斐川の奥野の方なので、夜はとてもお星さまが綺麗でした。そして、一回だけ夜叉ケ池に登りました。 池がなんとなく♡の形をしているように見えます。 興味ある方はお出かけくださいませ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です