地鎮祭

イエスタ湖南、中津です。

昨日Y様の着工に当たり、地鎮祭をとり行わせて頂きました。

Y様ご夫婦共にご実家が近いこともあり、ご両親や祖父母、大勢で参列して頂きました。

ご主人様もいよいよ工事が始まるんだなと、感慨深けでした。

さて地鎮祭ですが、作法は神社さんによって異なりますが、一般的に修祓の儀か始まり、降神の儀、献饌の儀、祝詞奏上、清祓いの儀、地鎮の儀、玉串奉奠、昇神の儀となります。

難しい言葉ばかりですが、お祓いをし、神様に来て頂いて、お供えをし、安全祈願を願って、敷地の四方を清めて、初めての工事を行い、玉串で安全祈願、お供えを下げて、神様にお帰り頂きます。

初めての工事である、地鎮の儀ではY様にもご協力頂き鋤を入れて頂き、宮司様が鎮め物を埋め、現場監督の山田が鍬を入れます。

新たな土地に神様にお願いしてから、綺麗にし、耕して農地にしたり、家を建てたりする農耕民族の考え方からきてるんですね。

式典も終え、いよいよ着工です。

Y様に満足頂くよう、スタッフ一同精一杯尽力いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です