現場の工夫

こんにちは 建設管理部の山田です。

先日 工事中の現場に行って気づいたことです。

現場は大工さんが、壁の石膏ボードを貼っている工程で写真の様に作業する床に人工芝が敷かれていました。なぜ 敷いているのの尋ねるとこれを敷いておくと現場が汚れるのがかなり軽減されるそうです。

石膏ボードはカットする時に石膏の粉が出て汚れますし、そのまま移動して靴の裏について現場が白く汚れた状態になる 掃除はするのですが、一旦石膏ボードの粉で床の上が汚れると見た目に悪いので何かいい方法が無いかと思っていたそうです。

その時他の現場に応援に行ったときにこれを発見したそうです。

人工芝をカットする作業の近くに敷く効果としまして、粉が人工芝の目に入り掃除がしやすい、靴が汚れてもその人工芝の上で靴の汚れをある程度落として移動する事でかなり現場の汚れが軽減できる。なるほどなと思いました。

大工さんは作業する時もいかに現場をきれいにしていくか考えてくれているんだなと改めて感心し感謝しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です