親の土地に子が建物を建築する場合

親の土地に子が建物を新築する場合、無償により土地を借りるお施主様がほとんどする。

このようなやりとりを「使用貸借」といい、子が親の土地を借りて使用する権利の価額は0円として取り扱わることが主となり、その場合には子に対しての贈与税が課税されないことが通例です。

但し、親が借地している土地に子が新築する場合には、住所地の所轄税務署長への手続きなどが必要となりますので、ご注意くださいませ。

(CFP試験ライフプランニング・リタイヤメントプランニングに無事合格することができました。)AFP山口

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です