来場予約 資料請求 来場予約
お知らせ・ブログ
2020.11.05
やまぜんホームズ本社
建物・歴史探訪・プチぐるめ…4
スタッフ: 井上 雅博

殿

通常は「との」と読みますが「しんがり」とも読みます。

この「しんがり」とは負け戦の時に、部隊の最後尾を守り、敵を防ぎながら味方を無事に撤退させる役割のことです。まさに命懸けです。

この「しんがり」で思い浮かべる戦いのひとつ「金ヶ崎の退き口

戦国時代ココで「しんがり」をつとめたのは秀吉とも光秀とも家康ともいわれております。

 

『そうだ、金ヶ崎へ行こう!』

 

で行ってきました、福井県敦賀市・・・

大将信長公が無事(手傷を負いながらも)帰京できたことによりココは

難関突破」の地、さらには大河ドラマ「麒麟がくる」にも乗じて

その後の光秀にあやかり「出世の地」とも謳われております。

 

 

参考:金ケ崎宮・金ケ崎城址

 

本社建設管理部 井上でした。

一覧に戻る

三重・愛知・岐阜・滋賀で
マイホームをお考えの方は
お気軽にお問合せください