来場予約 資料請求
お知らせ・ブログ
2019.08.15
あいちだより
現場レポート(夏)
スタッフ: 竹村 秀俊
東海地方の梅雨が7月下旬に明けて以降、
連日猛暑が続いていますね。

日本の夏も、年々暑さが厳しくなっている感覚があります。
熱中症にはくれぐれも気を付けたいと思います。

さて、7月下旬に私が携わった物件の完成や上棟が
いくつかありましたので、レポートさせて頂きます。

まずは、小牧市の歯科医院様の現場です。
2019年2月に着工して、7月末に完成しました。

外観はエッジを利かせたシンプルモダンのシルエットです。
西側道路に面しているので、西日の影響に配慮して、開口部の大きさを抑えて
縦すべり出し窓や、横すべり出し窓などのスリット系の窓を採用しています。
窓の大きさも、外観をすっきりさせる要素になります。




内観の受付・待合室部分には、間接照明を用いて落ち着きのある空間を
演出しています。また、待合い背面にアクセント壁として外壁材を
使用しています。内部に外壁材を用いることで、素材感が際立ちます。


次に、7月末に完成した住宅の現場です。

この現場の最大の特徴は、リビングの吹抜けに架けたスチールのストリップ階段です。
吹抜けの解放感を損なわない、軽快かつクールなスチールの階段は、リビング空間の
アクセントとしてもインパクト十分です。



最後に、7月末に上棟した住宅の現場です。

この現場の特徴は、屋根勾配を利用した小屋裏空間とトップライトです。

写真は、8月初日の夕方6時に撮影したものですが、
夕方6時でも、トップライトから差し込む光がとても明るいです。



屋根勾配を利用して、屋内側では勾配天井をつくり、リビングを見下ろす
小屋裏スペースを作ることで、空間の広がりと一体感が生まれます。
トップライトの印象も加わって、とても解放感のあるスペースになりそうです。


このような猛暑の中、現場で働いている職人さんは体力的にとても大変かと
思いますが、丁寧に現場仕事をして頂き、感謝しております。

今後も、いろいろな現場でいろいろな建物が着工、完成しますが、
ひとつひとつ丁寧に、そして心躍るような建築のお手伝いが出来ればと思います。

以上、半田展示場・設計の竹村でした。

一覧に戻る

三重・愛知・岐阜・滋賀で
マイホームをお考えの方は
お気軽にお問合せください